2019/09/26/

先日書いたこちら↓の記事。

高所得と低所得を両方経験してわかった、 生活レベルと物欲の相互関係。

その後、面白いことがあったんですよ。

振り返ってみると感動ものだけど、
渦中の当人は必死でなにも面白くないのですが…苦笑

出したら還ってくる、を盲信して

こちらの記事にも、使ってお金を循環させることについて書いていますが、
「出したら還ってくる」は、ほんとうだと思っています。
使い方さえ間違わなければ。

ですので、我慢して生活するより未来が拓けるかな、と思い
物欲のままに買い物をしていたわけです。

そしたら、お金がなくなりました。

何年も前から、いざとなったら借金だな…と思って生活していたのですが
ギリギリの所でなんとかなる生活を繰り返していました。

毎月、月末の支払いは
お給料と手元のわずかな残高をつぎはぎしてどうにか足らせる、という
数字との格闘をしていたのですが、ついに底を尽きたのです。

どう考えても足りない

どう考えても、今思いつくものすべてをかき集めても、
今月は桁単位で足りない。

ちょっとやそっとバイトやら節約やらしたところでかき集められるお金じゃない。むしろ来月の支払い額もえげつない。

そこで、色々な策を取りました。
とうとう観念してローンも申請しました。

借金をしなければいけない切迫感が原動力

借金も人生経験のひとつかなとは思っていますが
やっぱりどこかで、自己管理のできない人がするもののような後ろめたさがつきまとう。

なるべく返済を早くしようと、バイトも必死で探しました。
動かざるを得ない、という状況。

するとそこで色んなシンクロが起こったのです。

苦し紛れの策から、新しい世界が拓ける

短期で応募したイベントのバイトは即採用。

研修に行って、なんでわたし日雇いなんてやってるんだろう…と
帰ってくるなりみじめになって泣きました。

行動するのは自分、世界を作るのは他人

が、働いてみると
イベントや体を動かす仕事が好きな私には意外と合っていて
一緒に働く人たちも真面目ないい人ばかりでした。

その後やけくそで受けたアルバイトも
なんと全て感触が良い。

経歴が特殊なので、書類で門前払いされることが多いのですが
なぜかトントン拍子でうまくいくことが多かったのです。

こればかりは運だと思うのですが、行ってみないとわからないものですね。

過ごす場所を変えると、思考が変わる

そこそこに出会いもあり
毎日変わらない場所に出勤しているよりもずっと、世界観が拡がりました。

なにより、行動すれば何とか道が拓けるという自信がついて
一歩行動したら、二歩目三歩目が軽くなった。

いざという時一番頼りになるのは他人

そこで思ったのは
本当に困っているときに助けてくれるのって、
他人なのかもしれないな、ということ。

というのも、その時期に
何年も(こちらから)連絡を取らないようにしていた友人から
何事もなかったかのように「○○たちと飲み会するんだけど、いま人集めてて。来ない?」というお誘いが。

借金云々以前、世間話のために飲み代を払っている余裕なんてないのに
そんな事情すら考えることなく、ただの人数集めで連絡が来るという。

毎月固定給を貰っている彼ら彼女らからは、わたしの生活は想像できないのでしょう。

親しくなるほどエゴが増える

親しくなればなるほど、エゴや私情を押し付けられることも増える。
(この場合は人数合わせに利用されたこと)

事故などのやむを得ない事情であれば助けてくれるかもしれませんが
非があれば、ひたすらわたしを責めるでしょうし
利が出れば、ひたすらわたしをタダで利用しようとするでしょう。
嫉妬で揚げ足取りしはじめることも、あるかもしれません。

感情を挟まない他人

そういう意味で、フラットにスキル一つで採用してくれて時給をくれる会社、
フラットに属性ひとつでお金を貸してくれるローン
フラットに評価して手を差し伸べてくれた「他人」に感謝したのです。
(その属性が今はとてつもなく低いのですが、
それでも嫌味のひとつも言われることもないですし、むしろお金を貸す事業ですから、利用すれば会社側は喜びますからね。)

お金が循環しない時代のローンの恩恵

余談ですが、
ローンって、取り返しのつかない借金のようなイメージがありましたが
今って低金利だったり自己アフィリだったりで実際、けっこうな額の金利が戻ってくるのですね。

自己アフィリとは、自分のアフィリエイトアカウント経由でサービスを申し込んで、報酬をもらうこと。もちろん合法的ですよ。
クレジットカードやローンの申請なんかは報酬が高く、1件で数千円~1万円もらえるサービスもあったりするのです。
ちなみにわたしはA8netさん↓にお世話になってます♥

決してローンをむやみに勧めるわけではありませんが、同じサービスを受けるのであればお得です

そんなわけで、小言のひとつも言わずにお金を入金していただけるシステムに
心の中で土下座して感謝しました。

追い詰められたときに取る策

借金の話は本題ではなくて。

お金がなくなったり、どうにもならないくらい追い詰められたときにはじめて取る行動って、
できるならやりたくないことや、やってみたことのないことを
仕方なく、または勇気を出してやってみることが多いと思うのです。

つまり、普段の行動範囲や思考の範囲ではやろうと思わなかったこと。

その、「いつもの行動」から一歩外に出ることが
予想もつかない未来へつながるカギとなるのかなと思っています。

書いていて気が付いたけれど、「出したら還ってくる」ではなくて
一歩自分の枠の外の世界に出るためには、まず出すこと、なのかもしれませんね。

追記

行動のその後は
こちらの記事に書きました↓

興味を持っていただけた方は
よかったらこちらの記事にもお付き合いいただけたら嬉しいです。

共感したら「いいね」してね

いいね! (まだ評価がありません)
記事のURLをコピーする

先頭へ戻る