先日お仕事が決まったリモートワーク。
本日無事に初出勤を終えましたっ!

自宅スーツが変な感じで
セーターの解放感ったら。

リモートワークの入社日って、何するの?

今回入社した会社は、社員全員がリモートワーク。

お世話になる社長や直属の上司とテレビ会議をして
ひたすらツールをセットアップする日に充てさせていただいて
コードはひとつも打っていません。

初日に覚えること

リモートな分、報連相のためのオンライン管理ツールがたくさんあり
業務内容以前に、進捗管理のツールを覚えるのにまずは手一杯…!!

会社勤めでいう、部屋の場所だとか書類の場所だとかを
覚えるようなことに相当するのかもしれませんね。

かろうじて前職で使ったことのあるツールもあったりしたので
見慣れた画面にホッとしたりしていました。
もし全くの未経験だったらもっとテンパっていたかも。

Mac音痴なデザイナー

せっかくなので使えるようになりたいと思って
Macbookを貸与していただいたのですが
Macの使い方がしどろもどろで泣きそうでした…。

タブ増やすのどこ?ブックマークってどこから追加するの?
下のアイコン邪魔なんだけど、って。笑
宝の持ち腐れにならないように連休使ってMacを習得しますっ。
でもディスプレイはめちゃきれい。

自宅にいるのに落ち着かない

連絡に気付かず放置していないかな…と
やたらと心配になりました。

飲み物を取りに行ったりトイレに行ったりするのも
大丈夫かなぁ…となんだか落ち着かない。

このくらいの離席なら普通のオフィスでもあることですから
実際問題にならないだろうし、慣れなのでしょうね。
慣れすぎるのもちょっと怖いですが。

PCをスリープモードにしないように無駄に何回も画面を触ったりして
電気代が勿体ない…w

察することができない

それから、対面で働いていると
ちょっと困った顔をしていたりあたふたしていると
「大丈夫?」と誰かが気を利かせて声を掛けてくれたりもしますが
リモートワークは顔が見えないので、
こちらから働きかけないと困っていることに誰も気が付かないよなぁと思いました。

逆も然りで、相手が忙しそうとか
「今話しかけても大丈夫かな…」という気遣いのしようがあまりないので
(よほど忙しい時はステータスに表示されたりすることもあるかもしれませんが)
そこはあまり察しすぎずにガンガン聞きまくったほうが
お互いにとって良いのかなと。

わかってるつもりで進んでしまって後からすり合わせし直すことになったら、
それが一番怖いですしね。

お昼ごはんを自炊できる幸せ

すごく些細なことですが
お昼ごはんを自炊できるって、すごく大きなことだと個人的には思っていて

わたしは炭水化物を控えた食生活をしていて
あんまり人から自分の食事内容に手出し口出しされたくないのが大きいのですが
それ以前、食費も抑えられるし、食べたいものを食べられるし
誰かに話しかけられることなく食べながら仕事ができる。

毎日1時間を捨てている疑問

なんというか、お昼休みという給料の発生しない時間を
制限された環境の中で毎日1時間も拘束されなきゃいけないのが本当に疑問だったんですよね。

1時間の価値ってかなり大きいと思っていて
その1時間をただの雑談で無駄にしたくなくて
会議室に隠れて勉強したり、休憩のない半日パートをしたり、
自宅から徒歩10分の会社に勤めて、お昼休みに走って一時帰宅したりしていたこともありましたが
究極はやはり自宅で仕事な気がします。
(こうして書くと昼休みへのこだわりハンパないな)

別に昼休みに根詰めて勉強しなくても、5分だけ横になるとか
ちょっとした用事の電話がしたいとか、家事を少し片づけるとか
会社にいるよりもできることの幅も生産性も広がりますよね。

リモートワーク、すごい!

だけど、リモートワークのお仕事をできて本当に良かった。
これは(もし万が一、今後自分にはリモート無理かもっていう結果になったとしても)
絶対プラスの経験になる!と初日にして確信しました。

というのも、同じくリモートワークをされている方の動きを見ていると
やはり時間にシビアで、時間の使い方やスピード感がすごいなと驚き。

人と働くことで刺激になる

初日で業務らしい業務もまだなので何とも言えないですが
同じ在宅仕事でも、自宅で自営業として制作業務をするのと
人と仕事をするということのギャップを身をもって実感しています。

どうしても自分一人で仕事をすると、
タスクがぼんやりしてしまったり、自分に甘くなったりもしがちですから
適度な距離感とほどよい拘束感を上手に利用できたらいいなと思っています。

また感じたことなど記事にして更新していきますね。

共感したら「いいね」してね

いいね! (1 投票)
記事のURLをコピーする

先頭へ戻る