先日、リモートワークの仕事を退職した記事を書きました。

退職を見込んで、お仕事探しや営業をしていたところ
有難いことに新しいお仕事にジョインさせていただけることが決まり、
ちょうど退職翌日から早速、新しい案件に携わらせていただいています。

めでたしめでたし☺

かと思いきや、
このたび、医療職に戻ることにしました。

WEB制作業の傍らで副業としてではありますが
パートで近所の医療機関で働かせていただくことになりました。

二度と医療の仕事はしないと決別していた

「もう二度とやらない」と決めて、学会も全部退会していたし
医療従事者時代の友人や元同僚とは一切連絡を取るのをやめたし
医療職に戻ることには、大きな葛藤がありました。

というのも、医療の仕事自体はそんなに苦手ではないし、白衣を着るのも好きだし
興味があるからその職を選んだのもあって、むしろ得意分野とは思っていますが
医療の職場環境やそこにいる人がすごくいやなんです。

いくらお金持ちになっても、ステータスを得られても、
ここに居なきゃいけない生活ならしたくないな、と思って
他の(医療職よりも)給与の低い仕事をしてきたわけで。

またその世界に戻るのか…と思うと、
こんな選択をせざるを得なかった自分が情けなくてて
応募の電話を掛ける直前まで、本当に悔しくて悔しくて泣いていました。

決して医療職をディスっているのではなくて
自分がやりたくないから決別したことを、またやることになったことが悔しいんです。

「もう二度とやらない」という自分との約束を破ったことになりますからね

どうして医療職に戻ったのか

ではどうして、しかも、新しい案件も決まっていたのに
そんな思いをしてまで医療職に戻ったかというと
お金のためでした。

仕事は途絶えなかったものの、資金繰りが途絶えたのです。

収入を工面する手段がなくなった

よくある話ですが、前職の給与が当月払いだったのですが、
新しいお仕事は前職よりもお給料は少しアップしたものの翌々月払い。
つまり、2か月収入が途絶えることになり
おまけに、副業先の飲食店も休業中。

いつもならつなぎで日雇いや短期バイトをしているところですが
このご時世なので、そういった単発バイトもなかなかない。

「お金になっていない」という現実に向き合った結果

こういう時、自分の手ひとつでマネタイズできるという自営業は強いとは思いますが
手段があるからといって、そう簡単にお金が入ってくるわけじゃなく
前職の退職を見越して営業をしていたものの、まったく成果がありませんでした。

結果が伴っていなければ趣味でしかない

しかも、朝から晩までパソコンの前に張り付いて
自分のWEBサイトのリニューアルをしたり、ブログを書いたりなんだかんだしていたものの
肝心のお金になっていなかったのです。

今まで朝から晩までPCの前に張り付いて「頑張っている風」を装ってきたけれど
ブログを何本書いても(このブログ以外にも合計4本運営しています)、
勉強しても、コードを売っても、サイトを作っても、
その努力はお金になっていない。

経費は電気代くらいしかかかっていないとはいえ
お金よりも大事な、見えない「時間」という経費を膨大に浪費している
という現実に直視したのでした。

これって、単なるお金のかかる壮大な自己満足だよなーって
今後の家計のことを考えた時、そこで気が付きました。

やっていて楽しいか

しかも、これが肝心なところなのですが
その「自己満足」をやっていても、全然楽しくない

気が付いたら夢中でやっていた、みたいに
趣味と言えるならまだ救いようがあったのですが、
趣味とすら言い難い。

楽しくもないし、お金にもなっていない。
勉強すればするほど、自分にないものが見えてきて、傷つくことが増える。
自分、なにやってるんだろうとふと我に返ったのでした。

お金になる確実性が低いWEBスキルより
確実にお金になる医療職を選んだ

スキルアップマウンティングに勝手に傷ついていたのって、
医療職の時もそうだったな、とふと思い出して
それならいっそ、お金にならないWEB制作よりも
今確実にお金になる医療職の方が、経験があり即戦力で役に立てるという意味でも
ベターだと思うに至ったわけです。
(こんなこと書くと医療職を頑張っている方には失礼ですが)

今必要な最適解を考える

多少の先行投資や努力、勉強はたしかに大切です。

だけど、ネット上の技術マウンティングに一方的に傷ついて
その傷を自分をPCの前に監禁することに向けて疲弊させて
結局、何も得られていない。

向いてないからやめよう、
やっぱりもうちょっと頑張ってみよう、
…気が付いたらこんな生活をして、
もう4年が経とうとしていました。

4年って、大学出られるじゃないですか。
暇潰し程度に習い事していても、4年もあれば
人様にお披露目できるくらいには成長していますよね。

たしかに、スキルを覚えるたびに、最低賃金並みだった時給は
ようやく何割か上がってきて
それこそ、医療職と同じくらいの水準になってきました。

デッドラインを決めて切り上げる勇気

だけど、中途半端なスキルを身に着けたところで
搾取されるばっかりで、あんまり幸せとは思えなかった。
医療職を辞めた当時数百万円あった貯蓄はとっくに底を尽きて
生活に困窮しているのがすべての結果だよな、って
自分に降参したのでした。

もうWEB制作にこれ以上時間を投資できないし、しても結果は知れている。
そんな、見えないものに期待しているよりも
確実に今お金になることは、医療職しかなかった。
(むしろ、医療職というひとつの切り札があっただけ、
ものすごくありがたいとすら思います)

もう一生WEB制作をやらないということではありませんし
むしろやめたっぽく書いておきながら続けるわけですが(笑)
いつまでもダラダラ見えない努力をすることをやめるために、
一旦、こういう結論をもって区切りをつけたということです。

まとめ:今必要なものを見極める

元はと言えば、自分の計画性のなさと
WEB制作で結果を出せなかったことが悪いので
ここまで沈んだ気持ちで書いてきましたが
今はベクトルを変えてみることで、流れを変えて成り行きに任せてみようかな、と
半ば投げやりな気持でもあります(笑)

ふらっと寄り道した結果、思いもよらぬ出会いがあったり
自分の想定のずっと外からチャンスが巡ってきたことも
きれいごとではなく過去何度もあったので、
とりあえず目の前のことを頑張りながら、地道に種まきしていきます。

追記:複業3.0
~意外とこのバランス、アリかもしれない~

新しい生活を始めて、その後どうなった?
1週間後の経過を記事にしました。

共感したら「いいね」してね

いいね! (まだ評価がありません)
記事のURLをコピーする

先頭へ戻る